1. HOME
  2. 安全について

For the Saftey安全について

Segway PTはバランステクノロジーにより、安全で簡単に搭乗者の思った通りに操作できるよう設計されていますが、初めてお乗りになる際は、乗り方について安全に楽しく学んで頂く必要があります。セグウェイは、自転車、自動車、スキーその他の移動手段の乗り物と同じように、人の協力を得て練習をすることが必要です。 マニュアルに示されている説明と警告に従えば、簡単に乗り方を習得できます。

Your safety is our number one priority.

製品としての安全

冗長化されたセグウェイのテクノロジー

セグウェイPTは、傾きを検知する二つの加速度計と5つの角度センサにより、1秒間に100回搭乗者の傾きを検知しています。繊細な重心の傾きを検知し、正確にバランスをコントロールする制御システム、安全な加減速を実現する強力なモータを備え、搭乗者が違和感なく安全な操作を実現できることがセグウェイ製品の特長です。

また、その組み込みシステムや動力となるバッテリは全て二重化され、冗長性を持たせているので、万が一システムに異常が発生した場合でも安全に停車して降車を促すように設計されています。高度なセンサーテクノロジーと高いセーフティポリシー、ユーザーに直感的な操作をもたらす優れたインターフェースにより、製品としての安全をより高めています。

人による安全

セグウェイ講習・練習風景

製品としての安全だけでなく製品を扱う人による安全として、セグウェイジャパンでは講習制度を設けています。これまでにこの講習制度から3,500名を超えるインストラクターが育成され、それぞれのご利用場所の安全を図ると共に、初心者でも安心してご利用できる仕組みを提供しています。

Legislation規制緩和のこれまでの取り組み

日本とイギリスを除く世界の先進国では、既にセグウェイPT製品は公道走行を実現しており、日本においても公道の走行へ向けた取り組みを行ってきております。 2011年6月、「つくばモビリティロボット実験特区」の認定を受けた茨城県つくば市で、日本で初めてとなるセグウェイが公道を走行する実験が始まりました。実験では、防犯パトロール実験、エコ通勤実験、観光ツアーの実験などを行い、それらにおける有効性を確認することができました。また特段のヒヤリハットや事故もなく安全に運用できること、さらには歩行者アンケート等により歩行者とモビリティロボットとの親和性が高いことを確認できました。 2015年7月には、これまでの特区の成果を国に認められ、公道における規制が緩和が実現し、⼀定の条件を満たす全国の各地域においてセグウェイの公道実証実験が可能となりました。 また、企業実証特例制度を利用した実証実験も行われるようになり、現在では茨城県つくば市、東京都二子玉川、千葉県柏市、名古屋市、横浜市、箱根町において公道を走行するセグウェイツアーが開始されました。公道での実験を行うためには、走行する範囲と期間を事前に警察署へ届け出を行い道路使用許可の手続き、運輸局へ使用車両の保安基準緩和申請とナンバーの取得。走行時は誘導員を配置します。また、セグウェイは小型特殊自動車に該当するため、普通自動車免許証又は普通自動二輪免許証の所持が必要となります。 規制緩和の道のりは、構造改革特区に始まる国家戦略特区、企業実証特例制度の創設、プロジェクト型「規制のサンドボックス」・グレーゾーン解消制度・新事業特例制度など、電動キックスクーターを含むマイクロモビリティ全体での規制緩和が進みつつあります 。
  • 2009年11月

    つくば市「搭乗型移動支援ロボット公道走行実証実験特区」提案
  • 2010年1月

    国が特区認定
    一定の要件を満たす搭乗型移動支援ロボットについて、特区内の公道におけるロボットの特性や道路環境を踏まえ、必要となる安全措置を講じたうえで、実証実験を行うことを可能とする。
  • 2011年1月

    国の「構造改革特別区域基本方針」に追加、つくば市「つくばモビリティロボット実験特区計画」申請し内閣総理大臣により認定される。
  • 2011年6月

    つくば市特区でのモビリティロボット公道実験開始 国の構造改革特別区推進本部 評価・調査員会において、つくばモビリティロボット実験特区における取組を2015年度(平成27年)中に全国展開すべきとの評価意見が取りまとめられる。
  • 2015年7月

    国土交通省及び警察庁の関連法令等の改正が行われ、公道における規制が緩和され全国展開が実現。一定の条件満たす全国の各地域において実証実験が可能となる。
  • 2016年7月

    かしわ移動支援ロボット実証事件推進会議による千葉県柏の葉キャンパスエリアにおいて公道走行実証実験スタート。
  • 2016年8月

    二子玉川地区交通環境浄化推進協議会、東京急行電鉄株式会社、セグウェイジャパンが産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」を活用し、民間が主体となって受ける搭乗型移動支援ロボットの公道走行に関する規制緩和を受け、全国初の事例となるセグウェイツアーの公道実証実験を開始。
  • 2017年 10月

    横浜市パーソナルモビリティツアー実証実験推進協議会、みなとみらい21地区において関係者向け公道実証実験を開始。
  • 2018年3月

    横浜市パーソナルモビリティツアー実証実験推進協議会、臨海部に場所を移し民間を主とする公道実証実験セグウェイツアーを開始
  • 2018年3月

    名古屋学院大学・名古屋市観光文化交流局を中心とする熱田地域搭乗型移動支援ロボット実証実験推進協議会による公道走行実験開始。
  • 2018年4月

    大手町・丸の内・有楽町地区搭乗型移動支援ロボット実証実験協議会、三菱地所株式会社は、丸の内仲通りにて、セグウェイPTに搭乗する街のコンシェルジュサービスの運用を開始。
  • 2019年3月

    箱根芦ノ湖セグウェイ自然体験ツアー実証実験協議会、箱根町、プリンスホテル、セグウェイジャパンは、箱根を訪れる国内外の観光客へ向けて、新たな観光資源の創造を目指して箱根芦ノ湖畔を巡るアクティビティーツアーを開始。
  • 2020年4月

    東京都、第25回東京圏国家戦略特別区域会議にて「公益的な事業における搭乗型移動支援ロボットの活用」の社会実装する新規の規制緩和として提案。
  • 2021年3月

    国家戦略特区内において道路使用許可を取得すれば、セグウェイを活用したガス漏洩検査が可能となる枠組みが社会実装。これを受け、東京ガスが検知器を搭載したセグウェ イを用いたガス漏洩検査の実験開始。

視察受け入れ

つくば公道実証実験横断歩道を渡るセグウェイ

セグウェイを活用した公道セグウェイツアーによるビジネスモデル構築や都市の魅力づくりのために、セグウェイジャパンでは「セグウェイツアー in つくば」を2016年から本格的にスタートさせました。この公道ツアー走行を実現には、自治体との協力や警察署他関係各所との調整が必要になります。つくばでの取り組みやノウハウについて情報を得たい自治体や企業の方から、公道走行実現に向けた視察の受け入れを行っています。

Conditionご利用条件

一部の実証実験を除いて、現行法制度上、公道での使用は認められていません。私有地内に限りその土地の権利者・管理者からの許認可を得た場合に限定して使用できます。(2016年4月現在)
  • 販売

    現在、法人のお客様向け販売のみ行っています。個人向けの販売は行っておりません。 年齢制限 16歳以上 体重制限 45kg以上、118kg未満
  • その他制限

    • ハイヒール等運転に適さな靴での乗車
    • 酒気を帯びている方
    • 妊娠中の方
    • その他、健康状態が乗車に適さない方
  • ヘルメットの着用

    より安全にお使い頂くため、セグウェイに乗車する際は必ず着用して下さい。

Training講習制度

セグウェイの乗車時は必ず認定インストラクターによる乗車支援(試乗会など乗車前講習の時間が確保できない場合、インストラクターが搭乗者に対して1対1で付き添い支援)又は事前の初心者講習を受けて安全を確保するとともにより楽しくセグウェイを体験できるようになります。
  • 講習制度の意図

    • 安全な操作技術を習得すること
    • 安全に関するモラルを向上させ、周囲との関係を理解して走行する
    • 正しい知識によりセグウェイ体験をより魅力的なものにする
    • 事業の中で使用する場合、製品の理解・安全の徹底が成功要因となっている
  • インストラクターの養成について
    (有償)

    セグウェイジャパン公認インストラクターになるにはインストラクター講習を受講頂きます。インストラクターが利用者に対して「試乗会支援」又は「初心者講習」を行なえるようになります。 インストラクター講習費 60,000円/4名毎 インストラクター登録費 5,000円/人/毎年

    ※講師派遣費用(交通費)別途 ※講習時間約半日

Insurance保険加入

製品購入時に保険へご加入頂きます。 保険への加入はセグウェイジャパン及びパートナーよりSegway保険(GK)を取り扱っている保険代理店を紹介しています。Segway保険(GK)に関する詳細はこちらよりご覧頂けます。

NECファシリティーズ株式会社詳細サイトへジャンプします。

Otherその他ご注意

一部のレンタル会社や並行輸入業者などでは体重制限に満たないお子様を乗せているケースやヘルメットの着用しないまま乗車させるケースがありますが、メーカーが推奨する利用範囲を超えております。そのような誤ったご利用方法は危険ですのでお止めください。

User Manual & Safety Videoご利用開始前にご覧ください

ユーザーマニュアル及びセーフティビデオをご覧になり、製品の正しい知識と安全についての理解を深めることでより安全に、より楽しくセグウェイをご利用頂けます。